マヤ13神占い

運命操縦法-ここでの目的は「それまでの自分の人生の運命を支配してきた古い守護数を、理想の人生をもたらしてくれる新しい守護数に変える」ことにあります。では、実際にどうやって『マヤ占い』を行なうのか、やってみましょう。
2人の守護数を『足し算』して『運命の守護数』をつくる

『マヤ・カレンダー』であなたの誕生年月日を調べることにより、あなたの守護数が決まります。 守護数は『1から13』まで、全部で13個です。 では、たとえばあなたの守護数が『11』だったとしましょう。 11という数の神は、いつも悠然と構え、ちょっとやそっとでは動こうとしない『山の神』です。そんなあなたが、のんびりとした生き方に飽き、もっと積極的で行動的な『狩り=戦い』的生き方を望んだとします。あなたはどうすべきでしょうか。 『狩り=戦い』の運命をもたらすのは『13』という数の神です。そこで、あなたは13という守護数(数の神)を得るよう努力しなければなりません。 では、具体的にはどうしたらいいでしょう。 『マヤ占い』では、『自分の守護数を基にして「足し算」か「引き算」で13という数をつくる』というやり方をとります。それを式に表すとこうなります。 [自分の守護数]+[自分の望みを叶えてくれる相手の守護数]=【自分が望む運命の守護数】 この式にあてはめると、下のようになります。 11[自分の守護数]+X[自分の望みを叶えてくれる相手の守護数]=13【自分が望む運命の守護数】 このXは『自分の望む人生に不足している守護数』を表わしています。そして、計算から、Xは『2』だということがわかります。これは、「あなたに足りない、2という守護数を持った相手を見つけだし、大切にしなさい。そうすれば、あなたの望みがかなうよう、その人が助けてくれるでしょう」ということを意味しているのです。 ですから、あなたは2という守護数をもった相手を探し出し、パートナーとして大切にする必要があります。この2という守護数を持った人物と出会った時、初めてあなたの望む『狩り=戦い』の人生が開けてくるのです。 目的の人物(この場合は2)となかなか出会えない時は、この2という数にこだわって根気よく探しつづけることが肝心です。 あなたのまわりにある2という数に注目してください。駅の2番プラットホームから電車に乗るとか、2時きっかりに目的の人物を探しに出かけるとか、友人に頼んで2人で探すとか、とにかく2という数字にこだわって探しつづけることが重要です。 この守護数の『数』にこだわって「目指す運命(人物)」を探すというやり方は、どのような場合にも重要なポイントです。覚えておいてください。